トップ

早い安いオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを早く頼む方法

早い納期でオリジナルTシャツを頼む

学園祭のシーズンになるとワクワクしますよね!私は18歳の高校生で、学園祭を間近に控えています。私たちのクラスでは、学園祭でお揃いの衣装を着ることになりました。そこで、お揃いの衣装でも手軽に作れるクラスのオリジナルTシャツを作成することになりました。オリジナルTシャツは業者に頼んで作成することになりました。私がその担当者です。

そもそも、学園祭でオリジナルTシャツを着るメリットってなんでしょうか。まず、第一にオリジナルTシャツを着るととても目立ちます。クラスみんなが同じTシャツを着ると、クラス全体がTシャツのカラーに染まってとても目を引きますよね!

また、みんなで同じTシャツを着ることで、団結力が高まります。不思議ですよね。ただおなじTシャツを着ているだけなのですが、いつものみんながより強い絆で結ばれたような気がします。

更に、Tシャツはいつまでも着られるものですし、きちんと洗濯すれば記念品として取っておくことができます。思い出だけじゃなくて、なにか記念になるものを残したいという場合もTシャツはとても良い選択肢なのです!

そんな理由でオリジナルTシャツをさっそく作ろうと思ったのですが、学園祭は間近に迫っており、Tシャツ作成につかえる予算も決まっているので、早く業者を選ばなければいけません。

では早くできるオリジナルTシャツってどんなものなのでしょうか。いくつかのサイトを回って分かったのですが、そのコツは「テンプレートを活用すること」です。

オリジナルTシャツを作ってくれる業者では、大体デザインのテンプレートを用意しています。そこに、自分たちの学校名やクラス名を入れるだけでオリジナルTシャツが作れちゃうんです!

業者が用意しているオリジナルテンプレートを使えば、業者もスムーズに制作に入ることができます。ただ、どのようにしたら早く作れるかというのは業者によっても違うと思いますので、電話で早く仕上がる方法を相談してみましょう。その時、代金と納期の確認も忘れずにしておきましょう!

もし、テンプレートを使わず、オリジナルのデザインでTシャツを作りたい場合は、準備をしっかりとしておくことが必要です。オリジナルでの制作を依頼すると、業者はまずそのデザインに沿った型を作ることになります。

そして、その型で良いのかという相談が私たちのところに入り、OKを出して初めてTシャツ作成の段階に入るのです。ですから、テンプレートを使うよりもかなり時間がかかってしまいますので、事前準備期間をしっかりと取っておくようにしましょう。

私は、オリジナルTシャツの作成を業者に頼むことにしました。自分たちで無地のTシャツを買ってきて作っても良いのですが、それには時間も必要ですし、結果的にクオリティが低いものになってしまう可能性があります。

そうなってしまうのであれば、最初から業者にお願いして作ってもらう方が良いと私は考えました。テンプレートを使うといっても、私たちの学校名やクラス名、文字なども自由に入れられますので、オリジナルTシャツであることに間違いはありません。

そして、業者に頼めば納期は必ず守ってくれるので、学園祭当日にオリジナルTシャツがまだ出来ていなくて着られない、なんてこともないのです。そんな理由から、私はオリジナルTシャツを業者に頼むことにしたのでした。

PR:オリジナルTシャツを作成